アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • 沢山の墓
遺影

最近では、人が亡くなり火葬した後に散骨と言う、火葬後の焼骨を粉末状にし、空や海、山などに撒いて供養すると言う方法を利用する人も少なくは無いです。
これには、故人の意思や費用の関係など、様々な理由が挙げられます。
殆どの人が、火葬後にお墓に骨を納めることが一般的であると言う認識を持っています。
そのお墓は、先祖代々使用されてきたものである場合が多いのですが、新たに購入するケースもあるのです。
お墓を購入するということは、決して安い買い物とは言えないのが現状です。
価格はピンからキリまで存在します。

ペット用の墓石であれば数万円程度の価格で購入出来るものもあるのですが、故人の骨を納めるものとなれば、数十万円から数百万円と、大変高価なものになるのです。
お墓には、様々なデザインがあり、価格を左右する要因のひとつにも挙げられます。
販売店等に展示されている状態のものやカタログ等から選んでお墓を購入するケースが多く観られますが、近年ではオーダーメイドを請け負っているところもあるのです。
故に、墓石のデザインも多岐に渡るのです。

お墓をオーダーメイドで作る場合には、デザインの自由度が増す反面、価格としては高額になる場合が多いです。
しかしながら、個性的なデザインのお墓は徐々に増えつつあるのです。
この先代々使用していくものである為、長い年月を経ても色褪せたりしない、デザインが損なわれたりしない様なものが好まれているのです。

夫婦

デザインがしっかりしていなくて安っぽい感じになっているお墓を見ると、かなり残念な気持ちになってしまいます。
そうしたことにならないためにも、デザインをしっかりとしたものを生前に選んでください。
そうすれば、残された人たちも、楽ができますし、本人の希望通りのデザインにできたということで、亡くなった方も報われるようになっています。
価格もデザインも大切なものです。
そうした価格やデザインをしっかりと考えて決められるのは、自分が死ぬ前のことです。
後悔しないためにも、お墓のデザインなどは生前に決めておくことで、自分なりの死に対する終わり方のけじめをつけることができます。
是非、生前に決めてください。

春の墓

お墓というものは、生前に事前に自分のお墓を買っておくことができるシステムになっています。
自分が死んだからこのお墓に入りたい、といったような要望が受け入れやすくなっている時代になっているのです。
生前に決めておきたいのは、お墓の価格です。
古代からある古墳に見られるように、威厳がある人ほど自分のお墓を立派なものにしようして、大きくて立派なものにしようしていました。
しかし、それで財政が圧迫されたり、大きくの人が働きに出されたりして、問題になってきました。
その価格については家の財政状況を考えて、無難なものにするのが一番です。
価格を抑えながらも自分の納得するような価格のものを買うべきです。
価格よりも大事にされるのが、デザインです。